便秘薬の選び方と副作用

すっきり!便秘改善・解消法

便秘薬の選び方と副作用

.

便秘薬の選び方の注意

漢方薬

便秘薬は自然の流れに逆らってむりやり排便させようとするものです。便秘薬の選び方や方法を間違ったり、過剰に服用すると副作用が出てくることもあります。便秘の改善には、まず生活のリズムをつくること、食事や運動によって治すことを第一に心がけ、便秘薬はそのお手伝いと考えましょう。便秘薬は整腸剤、緩下剤に大きく分けられます。さらに、坐薬や浣腸剤、ビタミン剤、漢方薬などがあります。便秘薬は飲み続けると習慣になり、便秘薬なしでは排便ができなくなってしまうという副作用も考えられます。また、副作用として便秘と下痢を繰り返したり、悪循環を作ることも。副作用のない薬はないといっても過言ではありません。便秘薬の選び方には副作用のことも含め注意をし、自分の体質や便秘の症状を理解した選び方をしましょう。


ページのトップへ ▲

便秘薬の種類を知り正しい選び方を

便秘薬の種類

薬の正しい選び方のためには便秘薬の種類を知ることが必要です。整腸剤は腸の働きを整えるための薬で、腸内細菌のバランスを整え、消化酵素やガスを排除してくれます。悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれるもの。新ビオフェルミンやビオスリーHなどがあります。緩下剤には、腸を刺激するものと便をやわらかくするものとがあります。大腸刺激性下剤は、腸を刺激し蠕動運動を活発にする働きがあり、コーラック、ソフネス、ソフィットなどがあります。イチジク浣腸なども腸を刺激する便秘薬です。また、腸から水分を引き出すことで、便をやわらかくして排泄する塩類下剤、膨張性下剤などがあります。便をやわらかくする便秘薬は比較的作用が弱いので、最初はこういった作用の弱い便秘薬の選び方をするといいでしょう。ミルマグ液、サトラックス、リズムランホワイトなどがこのタイプです。


ページのトップへ ▲

便秘薬の副作用を知る

副作用

便秘薬の選び方には注意をしないと、下痢が止まらなくなったりすることもあるので気をつけましょう。間違った選び方をしないためにも、便秘薬の副作用についても知っておきましょう。塩類下剤は習慣性がないため、長期間の使用が可能ですが、腎機能の障害がある場合、高マグネシウム血症の副作用が考えられます。膨張性下剤は、ほとんど副作用はないとされていますが、嘔吐、腹部膨満感の副作用がでる場合があります。大腸刺激性下剤は、作用が比較的強い便秘薬なので、腸内の粘膜に炎症を起こすという副作用が考えられます。さらに習慣性があるので、最初は効果があっても、次第に効き目がうすれその結果、薬の量を増やすということもこの薬の副作用といえるでしょう。痙攣性便秘の人、授乳中の人は下剤を使用しないようにするなど、選び方には注意をしましょう。


ページのトップへ ▲

pr-copy.gif

3日も便秘が続いている。。毎日が便秘との戦い。。いつになったらこの状況から脱出できるのだろう。いつになったらいきまずに「スルッ」っと出てくれるの?

そのようにお悩みではないですか?

私も過去、ひどい便秘の時がありまして、その便秘が原因で蕁麻疹が全身にでき、旅行中に腹痛に襲われるなど、さんざんな目にあった経験がありますので、あなたのつらい気持ち、本当に良くわかります。

私の場合は食べ物に大きく左右されるようで、お肉を沢山食べると便が硬くなりすぐ便秘になります。そのような経験から今ではお肉も食べますが、野菜を多めに食べることやお肉よりも先に食べるなど食事の仕方にも工夫するようになりました。

そのおかげなのか1週間くらいでお通じも良くなりましたが、それでも少し食生活が乱れると何度か便秘に悩まされましたね。

私の場合は毎日自転車通勤するなど運動する機会が多少あるので食生活を改善するだけで便秘が解消しましたが、あなたはたぶんそんなレベルではないように感じます。

できる限り運動も行い、和食中心の食事に切り替え、便秘に効くと言われている食べ物やサプリメントがあれば試したりとあらゆる方法を試みたのではないですか?また中には病院に通い便秘薬を処方してもらっているという深刻な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もうこのままずっと治らないのではないか?そんなふうにネガティブ思考になりそうですが、でも決して諦めないでくださいね。

諦めるということは、将来起こりうる病気や(体臭などの)美容面では肌荒れなどのトラブルに繋がります。ぜひ粘り強く対処してていただき、出来るだけはやく自分に合った便秘解消法、予防法を身につけていただきたいと思います。

しかし、やみ雲に便秘対策をすると必ず失敗しますので、いくつかのポイントを抑える必要があります。

実に不思議なことなんですが、便秘について調べていくと、意外に間違った便秘解消法を続けている方が多くいることに驚かされます。 便秘に悩む人のほとんどが、自分に合う方法か、あわない方法か見極めずにやみ雲に対処しているケースがあまりにも多いようなのです。

便秘は大きく2つのケースによって対処法を変える必要があります。まずひとつ目は「硬い便が腸内で固まり肛門出口を塞いでいるケース」、そしてもうひとつが「塞いでいないケース」です。

言われてみればごく当たり前なのですが、実はこれを意識せず便秘対策している方がなんと多いことか。

もし、塞がっている、もしくは塞がっている可能性があるならば硬い便を出し切ることが先決ですし、逆に塞がってないにもかかわらず便が出ないという場合は、大腸などの働き自体に問題がある可能性が高いですので、すぐにでも腸の活性化、もしくは整腸作用を促す対策をすべきでしょう。

いずれにしても、腸の調子を整えることが便秘対策になるわけですが、肛門出口が塞がっている場合にいくら腸の働きを活性化したところでそもそも出口が塞がっているのですから悪化させる一方なんです。

もし硬い便が腸に残っていて、お腹に張りがあり、硬い何かがゴロゴロしている状況であれば一度病院で診てもらい、ひどい場合は浣腸で一度排便してから、便秘予防のための対策をするようにしてください。

その後、腸の調子を整えながら便秘予防をしていくことになりますが、その場合、安易に整腸剤のような薬に手を出すのではなく、食物繊維を多く含む豆類や海藻類などを多めに摂るなど食事で工夫するようにしたほうが良いでしょう。

それでも改善の見通しがたたないようでしたら、また詰まってしまう前に、健康補助食品で整腸の補助をしてあげることも有効です。状況によりますが、できる限り薬は使わず食品と生活改善で自然に治したいところですね。

ちなみに健康補助食品はオリゴ糖系のものが良いと思います。ご存知の方も多いと思いますが、オリゴ糖は腸内の善玉菌(ビフィズス菌)の栄養源ですので、ヨーグルトなど食品だけでは増やすことができなかった善玉菌を繁殖させるのに効果を発揮します。

中でも人気なのが「カイテキオリゴ」、もしくは「えがおの宝膳」あたりです。それぞれに特徴があるのですが、コーヒーやお茶などいろんな飲み物に入れてオリゴ糖を摂りたい場合は粉末タイプの「カイテキオリゴ」、いつも持ち歩いて、自分のタイミングで気軽に摂りたい場合は「えがおの宝膳」というように生活スタイルに合わせると便利です。

興味のある方は、↓↓ こちらからご確認ください。

「カイテキオリゴ(粉末)」の詳細ページ

「えがおの宝膳(錠剤)」の詳細ページ

とまあだいたいこんなところですが、当サイトが少しでもあなたの便秘解消のお役に立てましたら幸いです。もし、ご紹介の商品を使ってみて、「○○日で便秘が治ったよ〜」なんて感想がありましたらお寄せくださいね。心よりお待ちしております。(メールはこちらから

| ホーム | 便秘になる原因は? | おすすめ便秘解消法 | 誰でもできる便秘解消方法! | 便秘改善のコツはあるの? | 便秘薬の選び方と副作用 | 妊娠中の便秘薬 | 漢方の便秘薬 | 子供に安心の便秘薬 | 新生児の便秘と解消法 | 赤ちゃん(乳児)の便秘と解消法 | 子供(幼児)の便秘と解消法 | 便秘解消とダイエット | 便秘が解消するレシピをご紹介 | 便秘が解消する食べ物を教えて | 便秘に効く便秘解消体操 | 便秘に効くつぼ(ツボ)を教えて | 便秘に効くお茶(便秘解消茶) | 痙攣性便秘の治療法 | 犬の便秘薬と便秘対策 | 猫の便秘薬と便秘対策 |

Copyright (C) すっきり!便秘改善・解消法 All Rights Reserved.